性医学での泌尿器科医の隆盛

インポテンツを解釈して治療する泌尿器科医が、性の問題に関する世間の議論を統率するようになりました。

 

テレビ番組でも基礎科学者と泌尿器科医の新しい連携を大きく扱って、性の問題の所有権がまさにここにあるように報道しています。

 

vcd式カンキ

番組では、あるゲストが萎えたペニスのために真空ポンプを発明した1960年代、陰圧式治療の発明まで勃起不全治療の技術の歴史を紹介しました。

 

その当時は勃起不全に有効な治療法がほとんどなく、そのような病気が存在する理由についての医者の知識も限られたものでした。

 

その後、ペニスの構造と勃起の生理を理解しようという機運がたちました。その結果バイアグラが登場したのです。

 

さらに番組ではバイアグラの新しい業績をたたえ、なんと進歩したのでしょうという研究者たちの言葉を紹介するのです。

 

この報道で明らかに隠された部分があるのが、性に対する問題の解釈の変化が所有権の変化をと呈しているということです。

 

性機能障害が医療の管轄になって行くにつれて、泌尿器科医をはじめとする医学研究者が、性機能障害を当然のように、それまで性の問題の第一人者であった心理医学やセックス・セラピストにとってかわったのです。

 

その後、腎臓結石や、良性の前立腺肥大症の新たな技術解決策が利用できるようになり、泌尿器科医たちは顧客ベースの強化を期待したことでしょう。

 

さらにバイアグラは勃起不全気味の患者までもが泌尿器科へ足を運ぶ手助けをしたのです。