勃起不全の薬発見のマスコミの報道

勃起不全の薬発見のマスコミの報道

ファイザー社広報部から提供される情報が限られているのをいいことに、数々の雑誌記者がFDA・アメリカ食品医療品局によるバイアグラ認可の何年も前から、新しい勃起不全の薬バイアグラの偶然の発見物語を大きく取り扱っていました。

 

医学にはよくあることだが、インポテンツに対するシルデナフィルの効果は全く偶然に発見された。

 

研究者たちは共通の治療薬の試験をしていました。すると被験者たちが、心筋には効果がみられなかったが、性生活が会長になったと訴えた。

 

ファイザー社の研究者たちはすかさず、自分たちが化学的に解決したことのない大切な事柄である勃起不全治療薬へと催促のスピートで研究を重ねた。

 

インポテンツに関する研究を苦労しながら進めていくうちに、シルデナフィルが超大型新薬となる可能性があるということを突き止めた。

 

シルデナフィルの研究を進めていくうちに、冠状動脈の閉塞改善効果はなかったものの、幸せな被験者たちには、ペニスへの血流の増加に気がついた、被験者たちが残った錠剤を飲むのをやめたがらないことから、ファイザー社が着目した副作用です。

 

ファイザー社の実験室にいた研究者たちが興味をそそられたのは、狭心症と闘うために試験している薬がその役目を果たさないものの、ペニスへの血流を増加させるとわかった時でした。臨床思念の被験者たちは、心臓なんてどうでもいい、若い頃のようにビンビンに勃起できるようになったという報告しなしなくなっていた。

 

ファイザー社はバイアグラを狭心症の薬から、勃起不全の薬へと研究の方向性を変更した。