性機能の化学

勃起不全の薬の発表

性機能の真実は科学研究所でも発見されるずっと以前から、バイアグラの発売の15年も前ラスベガスで開催された泌尿器学会でまさに実演されたのです。

 

インポテンツに対する沈黙が大胆にも破られ、発言が始まった時には場内は水を打ったように静まり返りました。それほどその当時はタブーとなっていたことだったのです。

 

87歳にイギリス人医師、ジャイルズ・ブレンドリーがラスベガスで開催された医学界で、意見大脳尻から歩み出てズボンを下ろし、勃起したペニスを何百人もの同僚に披露しました。

 

ブレンドリーはインポテンツの治療のための注入可能医薬品の研究発表を負えたばかりで、自らのペニスにくすりを注入して誘発させた勃起効果を示したのです。結果は極めて良好でした。

 

その時の様子を紹介すると、ある人は「こんなに有名な医学者がなぜジョギングウェアで講演をしているのだろうと疑問に思いました。

 

その時の気持ちを今になって語る参加者が直感で表現したように、とても大きなペニスだった、彼はこれ見よがしにステージの上を歩き回ったのです。」

 

そのほかの人たちにとてもこの実演は衝撃的だったのです。会議の実演はさらなる研究に拍車をかけるとともに、インポテンツが治療可能な身体力学の問題だと信じるきっかけとなってしまったのです。

 

インポテンツ治療とペニス注射に関するブレンドリーの研究は、医科学会の人母トの脳裏にすぐに焼き付けられました。参加者の中の泌尿器科医がインポテンツの研究を開始し、ブレンドリーによるインポテンツ治療の模索を前進させようという気持ちになりました。

 

ブレンドリーの行動は、勃起は新しい男性らしい体の理想像となり、科学的に誘発できる勃起が新たな医療と商売の扉を開いたのです。