勃起不全治療の商売

勃起不全治療の商売

勃起不全の薬バイアグラ登場以前はインポテンツ治療の商売は。いつも医療の最も胡散臭い隙間産業でした。

 

オス豚の胆汁からトラのペニスのスープまでいくつもの奇妙な勃起不全治療薬を、長年多くの人々が信じていたのです。

 

切羽詰まった男性なら、軽いインポテンツを一時的にでも改善する、こうした偽物の薬を効能にまんまと踊らされていたのです。

 

男性たちは勃起しない自分のペニスを再び元気にしたいという思いで、蓄電した電気サポーターを通信販売で購入していた。

 

きちんとした会社だという世間体を保ちたい製薬会社は、媚薬と同じようにインポテンツの治療薬をタブー視する傾向だったのです。

 

「タブーを破り、医薬品で性治療に立ち入ろう」と決心したファイザー社の決断には、バイアグラが生理的症状を改善すると示す必要があった。

 

こうして当初から倍グラは勃起不全と密接な関係があった。ファイザー社は双方の売り込みに精進しました。

 

勃起の自然なメカニズムを解明

性の科学のドキュメンタリーは先端データを得た時代に、ファイザー社が資金提供した研究者の協力の下、勃起の自然なメカニズムを解明した過程を示した。

 

ファイザー社の科学者たちの考えでは、勃起達成には、性的興奮脳からペニスへの信号、一酸化窒素の放出、血管の格調、ペニスへの血流の増加が必要であると結論しました。

 

無数の科学的モデルを実際に見せた上で、ファイザー社お抱えの泌尿器科医は、経口薬シルデナフィルは自然発生の勃起を助ける働きがあると発表しました。

 

要するに、性機能のタブーを破るためにファイザー社は虚弱性の症状を示している男性にのみ勃起不全の薬としてバイアグラを提供し、美化した理論的な医療キャンペーンを展開し始めたのです。